「たんとスープ」が大阪・梅田に 9月2日(水)グランドオープン!

コロナ禍だからこそ野菜を植える!農を通じて人と地球の健康を考え持続可能な社会を創る

農家直営のスープ専門店「たんとスープ」が大阪・梅田に
9月2日(水)グランドオープン!

昨年11月に無印良品京都山科店に初出店した「たんとスープ」・早くも2号店が梅田大丸に!

日本農業株式会社(大阪府箕面市)が運営する「たんとスープ」は、“就農者を増やす”ことで農業から新しい価値の創出をすること理念とし、一次産業からスタートした農家直営のスープ専門店です。農薬や化学肥料を使わずに畑を耕し、人と地球の健康を考えながら、化学調味料や着色料、保存料は無添加で、栄養バランスに配慮したスープ作りをしています。

◀︎大丸梅田店・地下一階にオープン。大丸梅田店の営業時間に準じます。イートインができる席数は12席。全ての商品のテイクアウトも可能ですので、是非ご利用ください。コロナ対策として、壁に付着したウイルスを抑制するオプティマスインテリアメディカルペイントを使用。

スープのベースとなるのは、栄養食として近年注目されつつある「ベジブロス」。不揃いであったり傷のある野菜、また皮やへたなどから取ったダシで、一度冷凍することでさらにうまみを引き出します。具材はそのときどきに穫れる旬の野菜をたっぷり使用し、無添加だけど深みがありおいしい・満足感のある味を追求しています。スープを通して、畑から穫れた野菜を「たんと」食べて頂きたい。農場と食がぐっと近くなるような癒しを与えます。

 ■メニューについて

スープは下記の10種類の中から毎日、日替わりで4種類を提供します。Smallサイズ(180ml) ¥390(消費税込)・Largeサイズ(250ml) ¥540(消費税込)です。季節によりスープに入っている野菜の具材は変わります。

玄米酵素ご飯・モチモチ米粉パン・フォカッチャをセットにつけることができます。セットメニュー ¥660(消費税込)〜

ドリンクメニューは自社製品のコールドプレスジュース「FARMACY JUICE」¥470(消費税込)をはじめ、生産者の顔が見えるスペシャルティコーヒー¥350(消費税込)など。セットにつけることもできます。

新メニューはベジブロスをベースに、こだわりの野菜をたっぷり溶け込ませたスパイスカレー!やみつきのおいしさです。里山農業が直面する獣害の食肉活用で、高タンパク食材としても注目される京都の奥座敷のおいしいジビエトッピングが選択できます。

たんとカレー ¥990 (消費税込) ジビエ(鹿)トッピング + ¥200 (消費税込)

農耕地の保全や里山の循環につながるジビエの推進をたんとスープとしても拡げていきたいと考えています。里山を駆け回る鹿は、自然の旨味が詰まった食材です。食は「いのちを頂く」こと。尊い生命を奪う代わりに、低カロリーで栄養価が高く健康にも嬉しいジビエカレー、是非ご賞味ください。

デザートに野菜アイスを提供。半分が野菜から作られた、まさに野菜を食べるアイスです。無添加・無着色で、小さいお子さまから自分へのご褒美にも。ホクホクさつまいも/さっぱり蜂蜜大根 各種 ¥290(消費税込)

■たんとスープについて

たんとスープは、無印良品京都山科店の協⼒のもと、農家直営という新業態として、昨年11⽉に一号店をオープンしました。今回、大丸梅田店B1Fへ新しくオープンする2号店は、農家として新たな挑戦であり大阪には初出店となります。

新型コロナウイルスの影響により、新しい価値観の創出が社会に求められています。

自然豊かな農地で種を植え、土・水・太陽などの自然の中で育まれた野菜をつくるために、土づくりにこだわっています。農薬や化学肥料を使わず、土中にある微生物を肥沃にするために、循環型の農業に取り組んでいます。
おいしい野菜はわたしたちを幸せに健康にしたりすることはもちろん、地球を覆っている土に生物多様性が生まれると、陸や海の豊かさにも繋がります。

わたしたちは、スープ店を増やすことが理念なのではなく、就農者を増やすことが目標です。就農しても、野菜の売り先とのバランスが取れずロスが出てしまうことも、就農者が増えない大きな原因のひとつですが、農家が自ら出口を作る六次産業を通じて、不揃いの野菜たちもスープの出汁に使ったり、余すことなく野菜を消費者に届けることを追求しています。

これからの時代、専業就農者、半農半で副業的な農家、福祉と連携した農業、これからは色々なスタイルの農業が求められると思います。たんとスープで働く従業員はもちろん、たんとスープを楽しんでいただくお客さんも、種まきや収穫などのお手伝いができる機会をつくり、「都会から農村部に逆出稼ぎ」できることに挑戦します。

おいしいスープを通して、ワクワクしながら農業に取り組める社会を創るための企業として、農に携わる人が増えることを考えながら、農業からSDGsを考えていくことに取り組んでいます。 ぜひ、たんとスープを通じて農に触れていただけたらと思います。

■農家応援「たんとマルシェ」を開催!

おいしいスープを通して、ワクワクしながら農業に取り組める社会を創るための企業として、農に携わる人が増えることを考えながら、農業からSDGsを考えていくことに取り組んでいます。 ぜひ、たんとスープを通じて農に触れていただけたらと思います。

マルシェ開催日

9月 9月2日(水)〜9月8日(火)
10月 10月7日(水)〜10月13日(火)
11月 11月4日(水)〜11月10日(火)
12月 12月2日(水)〜12月8日(火)

<本件に関するお問い合わせ> info@tantosoup.com

日本農業株式会社 大阪府箕面市石丸二丁目18-18-115 TEL 072-727-1600 FAX 072-727-1601

<代表者プロフィール> 代表取締役 大西千晶
1990生まれ。株式会社プリローダ・日本農業株式会社代表取締役。現在の農業に関する諸課題を解決することは農業者を増やすことだと感じて神戸大学在学中の2010年、20歳の時に農業事業で起業。プライベートでは2人の男児の母。